新型ジムニー JB64 内装Aピラー&アシストグリップの塗装を行いました【おすすめカスタム:塗装編】

新型ジムニー JB64 内装Aピラー&アシストグリップの塗装を行いました【おすすめカスタム:車内パーツ塗装編】
悩む人

Aピラーをブラックに塗装してカッコよくしたい!でも、グレーのAピラーをブラックにするなんて失敗しそうで怖いし抵抗がある。。簡単に塗装できるのかな?

JIMKEN

そんな疑問・不安を抱えて手をつけていない方もきっと沢山いるかと思います!今回は、jimkenも気になっていたAピラーの塗装と合わせてアシストグリップ塗装も行いましたので、その様子と結果をご紹介させていただきます!

本記事はこんな方にオススメ!
  • 部分パーツの塗装を検討中の方
  • インテリアの雰囲気を変えたい方
  • グレーよりブラックが好みの方
  • 個性的なインテリアにしたい方
  • インテリアの純正グレーが気になってる方
目次|読みたい項目をタップ!

新型ジムニー JB64 Aピラーの外し方

新型ジムニー JB64 Aピラーの外し方

塗装を始める前に、まずはAピラーを外します。

取り外しに必要な道具は内張剥がしだけです!Aピラーの上部の隙間に内張剥がしを差し込みます。

新型ジムニー JB64 Aピラーの外し方

Aピラーの裏側には上部と中間地点に計2つのクリップで留めてあるので、まずは上部のクリップから外します。

新型ジムニー JB64 Aピラーの外し方

続けてAピラー中間地点のクリップも同じ手順で内張剥がしを隙間に差し込んでバコっと外します。

新型ジムニー JB64 Aピラーの外し方

クリップ2つを外し終えたら、Aピラーの根元を引き上げて取り外します(助手席側のAピラーも同様の手順で外します)以上でAピラーの取り外し完了です!とてもシンプルな取り付けなので簡単に外す事ができました!

新型ジムニー JB64 アシストグリップの外し方

新型ジムニー JB64 アシストグリップの外し方

こちらは、説明するまでもないですがプラスのネジ2本で締めてあるだけなのでさっと外しましょう!助手席側を外したら、後部座席の左右にもアシストグリップは付いてるので忘れないようにしましょう。

塗装パーツのAピラーとアシストグリップの取り外しが終わったので引き続き塗装の方に進みます!

塗装に使用する4つのスプレー

塗装用に準備した4つのスプレー

塗装前の油膜を落とす「シリコンオフ」塗料と被塗物の密着力を上げるプライマー「ミッチャクロン」そしてSOFT99 ( ソフト99 )の「ボデーペン つや消し黒」でマットブラック化します。ここで終わっても十分なのですが、私はラバーチッピングブラックを使ってブツブツ、ザラザラ質感に仕上げて行きます。

脱脂にオススメSOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 「シリコンオフ」 

脱脂にオススメSOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 「シリコンオフ」 

塗装前の油分や汚れの脱脂に必要不可欠な「シリコンオフ」樹脂パーツなどに付着している油分は塗装の大敵となるので、塗装前の脱脂処理は念入りに行いましょう!油分をしっかり除去しておかないと仕上がりが悪くなったり、塗装が剥がれやすくなる原因にもつながるので必ず行いましょう!シリコンオフは車のステッカーを張る時の脱脂などにも使えますよ!

塗料と被塗物の密着力を上げるプライマー「ミッチャクロン 

脱脂にオススメSOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 「シリコンオフ」 

ミッチャクロンは金属から樹脂まで、幅広い素材に対応した上塗りが可能なマルチプライマーです!面倒なヤスリ掛けなどは必要ありません。使用の際には20cm程度離して薄く均一に12回程度シューシューと吹き付けて下地の完了です。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 「ボデーペン つや消し黒」

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 「ボデーペン つや消し黒」

ミッチャクロン吹き付け完了後、30分程度乾燥させたら「ボデーペンつや消し黒」を吹き付けます!塗料をしっかり混ぜる必要があるので、カシャカシャ音を立てよく降りながら吹き付けて行きましょう!吹き付ける距離を一定に保った状態で、数回重ね塗りしていまします。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 「ボデーペン つや消し黒」

私の場合、上記のマットブラック塗装後、最終的にチッピング塗装を行うので、少々荒くスプレーしていたつもりですが、結果的にマットブラックのままでも、十分綺麗な仕上がりとなりました。

まとめ:仕上げのラバーチッピング塗装を終えて

仕上げのラバーチッピング塗装
ラバーチッピング塗装を行ったAピラーとアシストグリップ

今回塗装したパーツ、Aピラーとアシストグリップ、個人的に大満足な仕上がりとなりました。マットブラックのフラットな質感も良かったのですが、個人的にはチッピング塗装のブツブツ、ザラザラ質感になる事でよりジムニーのインパネ周りとマッチした仕上がりとなったと思います。

新型ジムニー JB64カスタム チッピング塗装【Aピラー&アシストグリップ】

こちらがAピラー塗装後、取り付けたイメージです。いかがでしょうか。

Aピラーがブラックになった事で車内がより引き締まり、全体的に統一感が増しグレーの時よりも車内に馴染んでるようにも見えます!自画自賛ですが、本当に純正品のような仕上がりとなっています。

ブラック塗装する事で個人的に視界が狭くなる懸念を多少抱えてましたが、そのような視界の問題も全くなく安全性の面でも問題ない事を実感してます。

新型ジムニー JB64カスタム チッピング塗装【Aピラー&アシストグリップ】

運転席側から見たAピラーとアシストグリップのブラックが不自然な印象もなく車内にとても馴染んでいます!今回の塗装ですが、難しい作業は全くないので少し車内の印象を変えてみたいなと思っている方には、本当におすすめの車内(インテリア)のカスタムになるかと思います!

以上、簡単なご紹介でしたが、今回はAピラーとアシストグリップのブラック化(チッピング塗装)のご紹介でした。

その他にもたくさんパーツ塗装してます

にほんブログ村 車ブログへ
新型ジムニー JB64 内装Aピラー&アシストグリップの塗装を行いました【おすすめカスタム:車内パーツ塗装編】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次|読みたい項目をタップ!
閉じる