新型ジムニー JB64 おすすめの簡単塗装【ラバーチッピング塗装のご紹介】

悩む人

ジムニーのちょっとしたパーツを塗装してみたいけど、素人でも上手く塗装できるのかな?できたとしても、仕上がりにムラが出て残念な結果になりそう。。

JIMKEN

そんな心配を吹っ飛ばす、塗装初心者の私が実験的に行い大成功したので今回はそんな塗装(チッピング塗装)をご紹介したいと思います。

本記事はこんな方にオススメ!
  • 塗装未経験の方・興味がある方
  • 控え目なカスタムが好きな方
  • ちょっとしたパーツで個性を出したい方
  • マットブラックに飽きてきた方
  • ザラザラ質感が好きな方
目次|読みたい項目をタップ!

チッピング塗装とは?

チッピング塗装とは

チッピング塗装は、ホイールハウス内や車両の底に塗られている事が多く、小石などが当たった際の鋼板までの傷つきを予防してくれたり耐熱性、強度、防腐、遮音と、とても優れた効果のある塗装だったりします。

私のジムニーカスタムパーツの中でもお気に入りの3つ、「フロントグリル」「オーバーフェンダー」「ルーフラック」にも同様の塗装処理が施してあります。

上の写真は、そのパーツの1つアウトクラスカーズさんで購入したフロントグリル(ラプター塗装済)ですが、こちらのようなブツブツ、ザラザラした質感のものをイメージして頂けると分かりやすいかなと思います。

塗装は写真の通り、艶があるものではなくブツブツ、ザラザラした質感なのがチッピング塗装の特徴で、ムラなく綺麗に艶を出すタイプの塗装と異なり、塗装時の大敵であるホコリを気にしないで吹き付ける事がでます!その他にも塗装面についてる小さな小傷なども補修なしで塗装しても仕上がりに影響ないので、初心者の方に優しく気軽に塗装できちゃうわけですね。

通常、塗装を外で行う事は有り得ないことですが、チッピング塗装であれば上記の理由で外でも塗装が可能となります!今回はそんなチッピング塗装を実験的に行ってみましたので、早速ご紹介させていただきます。

チッピング塗装用に準備した3つのスプレー

チッピング塗装用に準備した3つのスプレー

塗装前の油膜を落とす「シリコンオフ」塗料と被塗物の密着力を上げるプライマー「ミッチャクロン」塗装は下地が最も重要なので最終的に吹き付けるチッピングブラックの前に、こちの2つをしっかり吹き付けます。そして今回の主役「ラバーチッピングブラック」です。

塗装前の油膜を落とす「シリコンオフ」

塗装前の油膜を落とす「シリコンオフ」

塗装前の油分や汚れの脱脂に必要不可欠な「シリコンオフ」樹脂パーツなどに付着している油分は塗装の大敵となるので、こちらは必須ですね!こちらの下処理を行ってないと塗装の仕上がりが悪くなったり、塗料が剥がれる原因にもつながります。

シリコンオフを使う際にはよく振ってから使いましょう!シューっと吹き付けたら乾燥する前に、キレイな布などでムラなくさっと拭き取ります。

ちなみにシコンオフはホームセンターなどで売ってるパーツクリーナーでも代用できますよ!私はステッカーなどを貼る際にはシリコンオフではなくパーツクリーナーを使ってたりします。

塗料と被塗物の密着力を上げるプライマー「ミッチャクロン

塗料と被塗物の密着力を上げるプライマー「ミッチャクロン マルチ」

ミッチャクロンは金属から樹脂まで、幅広い素材に対応した上塗りが可能なマルチプライマーです!面倒なヤスリ掛けなどは必要ありません。

シリコンオフで、油分や汚れを落とした箇所へ、20cm程度離して薄く均一に1〜2回程度シューシューと吹き付けて下地の完了です。ここまで5分程度。スプレーするだけの簡単作業ですね!注意事項としてはミッチャクロンは透明なので、吹き付けていない場所がないようムラなく吹き付けましょう。

仕上げに「ラバーチッピングブラック」塗装

最終工程「ラバーチッピングブラック」塗装

ミッチャクロン吹き付け完了後、30分程度乾燥させて、「ラバーチッピングブラック」を吹き付けます!こちらも使用する際には、よく振って20cm〜30cm程度離して吹き付けます。

早速吹き付けて20分程度乾燥させたものが写真の塗装済みパーツです。いかがでしょうか?写真だと少し分かりにくいかもですが、細いブツブツした塗装に仕上がっています!とても良い感じ!

最終工程「ラバーチッピングブラック」塗装

グリルやオーバーフェンダーと比べるとブツブツは大分控えめですが、今回のようなパーツであればこれぐらいの方が逆に良い感じ!これは癖になりそうな仕上がり。。いいですっ!非常によい!個人的に凄く気に入りました。重ね塗りすることでもっと凸凹した感じにもできそうです。

最終工程「ラバーチッピングブラック」塗装

こちらはチッピング塗装したドアミラーインナーガーニュッシュを取り付けた写真です。自画自賛ですが細かいブツブツが、塗装前よりも車内に馴染んでいて、まるで純正品のような仕上がりです。

今回の作業を終えてみて、チッピング塗装したい箇所が沢山でてきました。

例えば、Aピラー・サイドミラー・バンパー・エンブレム、、車以外では、キャンプギアにもこの塗装は使えるな。と実感。

今回実験的に行ったチッピング塗装ですが結果的に大満足な仕上がりと色々な収穫を得た気がします!以上、ジムニーのパーツへのチッピング塗装のご紹介でした。

にほんブログ村 車ブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次|読みたい項目をタップ!
閉じる