新型ジムニー JB64 純正車高で履けるオフロードタイヤ【おすすめカスタム:タイヤ編】

新型ジムニー JB64 純正車高で履けるオフロードタイヤのご紹介!【おすすめカスタム:タイヤ編】
困ってる人

純正車高のままリフトアップなしで履けるオフロードタイヤにカスタムしたい!でもタイヤの種類やサイズがたくさんあって迷うー!

JIMKEN

この悩み、JB64 新型ジムニーに乗って2年目の私が純正車高で履けるタイヤをご紹介させていただきます。

本記事では納車待ちの方や既に納車してタイヤの履き替えを検討中でウズウズしてる方に向けた記事内容となります。

私自身も納車待ちの間に沢山タイヤを見ては悩んだ一人です。そして現在はオフロードタイヤにして良かったと実感してます。納車から1年程経過し走行距離も10000kmを超えましたので、その経験も活かしつつタイヤのご紹介をさせていただきます。

目次|読みたい項目をタップ!

新型ジムニー (JB64)の純正タイヤを知る

JB64 新型ジムニーの純正タイヤについて
出典:https://www.suzuki.co.jp/

まず、タイヤ選びの前にジムニーの純正タイヤについて簡単にご紹介します。

純正タイヤはブリヂストンのSUV向けタイヤのデューラーH/Lを採用していて[タイヤサイズ:175/80R16/外径サイズ:約690mm]となり、タイヤの表記は(タイヤ幅/扁平率/インチサイズ)を表しています。タイヤ選びの際に重要な数値となりますので覚えておきましょう!

ジムニーの純正タイヤサイズの特徴
  1. タイヤの幅が太め(175mm)
  2. インチが大きめ(16インチ)
  3. 衝撃吸収に優れている(扁平率80%)

このような特徴から一般的な軽自動車よりも大きなタイヤとなっていて、さすが4WDのジムニーといった印象です。この大きなタイヤとジムニーの独自の性能なので純正タイヤでも荒れた砂利道、山道でも問題なく走ることが可能となるんですね!

ポイントと注意

新型ジムニー (JB64)の純正タイヤサイズ:175/80R16(タイヤ外径:約690mm)
タイヤ選びの際には、上記のタイヤ外径が重要になってきます!サイズの基準としては純正車高の場合、外径が690mm~720mmの間で選ぶのが無難でしょう。

本記事で紹介させていただくタイヤは全て、こちらの基準に収まっているタイヤの中で選定したおすすめタイヤをご紹介します!

雑誌などでは、攻めたタイヤサイズ(外径720mm以上)の紹介されてるのを見かけますが、車体の個体差によりハンドルを切ったときにフェンダーの内側に当たる可能性や、フェンダーからタイヤがはみ出す(ハミタイ)となる可能性が高いので外径720mm以上のタイヤをお探しの方はタイヤの履き替えと合わせて、リフトアップやショートバンバー(バンパーカット)など合わせて検討しましょう!

さて、早速本題に入りたいと思います!街乗りメインの場合、純正タイヤで申し分ないなのですが納車待ちの間、本屋に寄っては片っ端からジムニーという文字が目に入れば雑誌を読み漁っており、かっこいいなーと思うジムニーは共通してオフロードタイヤを履いていたんですね。

オフロードは走らないけど、ゴツゴツしたワイルドなタイヤにカスタムしたい!そんな思いもあり、長い長い納車期間を利用してカスタム貯金として毎月コツコツとジムニーの為に働き貯金してました。。

オフロードタイヤの種類

出典:https://www.suzuki.co.jp/
オフロードタイヤ主な3種類
  1. マッドテレーンタイヤ(M/T)
  2. オールテレーンタイヤ(A/T)
  3. ハイウェイテレーンタイヤ(H/T)

これら3つのタイヤの特徴を理解して、今後走っていく走行環境に合わせたタイヤ選びが重要となります。それぞれのタイヤの特徴とジムニーの純正の車高で履けるおすすめタイヤをピックアップしてみましたので、タイヤ選びの参考にしてみてください。

1. マッドテレーンタイヤ(M/T)

オフロード走行がメインとなり未舗装路や砂利道、山道、泥濘んだ場所の走行がメインであればマッドテレーンタイヤがおすすめです。マッドテレーンタイヤは、本格的なオフロード車用でマッド・ダート性能が高いタイヤパターンになっています。

舗装路の性能が犠牲になっているタイヤの為、一般道を走るには走行中の振動も大きくなり乗り心地を少しでも気にする方には不向きのタイヤとなります。ただ見た目の印象は3つのタイヤの種類の中で1番ワイルドで、これぞ4WDといった印象です。

タイヤのサイドウォールまでしっかり凹凸がありオフロード感漂う力強い印象が魅力的ですね!

純正車高で履けるジムニーおすすめMTタイヤ / その1

YOKOHAMA ジオランダー M/T G003
タイヤサイズ:185/85R16(外径約720mm)

世界のオフロードレースに参戦し、そこで得られたデータをフィードバックして作られたジオランダーのフラッグシップ。抜群のオフロード性能を誇る本格的マッドテレーンタイヤです。

純正車高で履けるジムニーおすすめMTタイヤ / その2

TOYO TIRES オープンカントリー M/T-R
タイヤサイズ:195/R16(外径約718mm)

タフでアグレッシブなオフロード仕様でありながら、オンロード性能も良好なMTタイヤ。225と195のサイス設計があり195のみ専用のMT-Rパターンを採用。

純正車高で履けるジムニーおすすめMTタイヤ / その3

BRIDGESTONE デューラー M/T 674
タイヤサイズ:185/85R16 (外径約720mm)

3D設計のトレッドパターンが特徴。オフロードで優れたトラクション&ハンドリング性能を発揮する。もちろんオンロードでの乗り心地や静粛性も考慮された逸品。

2. オールテレーンタイヤ(A/T)

オンロードとオフロードのどちらも快適に走行したい人にはオールマイティーな性能を持つ、オールテレーンタイヤがおすすめです。そんな私のジムニーも、こちらのオールテレーンタイヤとなります!

普段は街乗りがメインだけど、週末には未舗装路を走りキャンプ場に出かけたり、川に釣り出かけたりとアクティブにアウトドアを満喫する人にはオールテレーンタイヤがピッタリ。ちなみに純正タイヤと走行時の騒音はそれほど大差はなかったように思います。オールテレーンタイヤの場合、通常路面の走行が可能な分、オフロードの走破性はマッドテレーンタイヤには及ばないので、マッドテレーンタイヤと悩んでる方は、運転する環境をよくイメージして選ぶ必要があると思います!

純正車高で履けるジムニーおすすめATタイヤ/その1

BF GOODRICH オールテレーンT/A KO2
タイヤサイズ:215/70/16R(外径約708mm)

私が一目惚れして購入したタイヤです!ATタイヤとしてはワイルドなルックスがGOOD!サイドウォールも、MTタイヤに引けをとらない迫力のパターンです。そして私はホワイトレターに惹れました。当時はホワイトレターといえば一択でしたが、今ではTOYO TIRESのオープンカントリーにもホワイトレターがありますね!

純正車高で履けるジムニーおすすめATタイヤ/その2

YOKOHAMA ジオランダーA/T G015
タイヤサイズ:215/70/16R(外径約708mm)

ヨコハマ伝統のブランド ジオランダーを冠するATタイヤ。このG015では新パターンによってオフロード性能が更に向上。運動性能と快適性も両立させています。

純正車高で履けるジムニーおすすめATタイヤ/その3

TOYO TIRES オープンカントリー A/Tプラス
タイヤサイズ:215/70/R16(外径約718mm)

3. ハイウェイテレーンタイヤ(H/T)

ハイウェイテレーンタイヤは、山道など未舗装の道は走らない、街乗りや高速道路など舗装された道をメインに走る方に最適のタイヤです。オンロードを走ると、グリップ性能やウェット性能が抜群に発揮されます。また乗り心地や静粛性、燃費と言った観点からも一般道巡視で考えると万能なタイヤです。また、速度を上げて走った際のタイヤへのダメージが少ないのもこのHTタイヤです。

純正車高で履けるジムニーおすすめHTタイヤ(純正タイヤ)

BRIDGESTONE デューラー H/L
タイヤサイズ:175/80R16 (外径約690mm)

JB64新型ジムニーの純正で履いているタイヤが実はこのHTタイヤの種類となります。もしタイヤ選び、悩み疲れた際には純正タイヤで少し様子をみてみるのも一つの選択肢だと思います。

純正車高で履けるタイヤ:まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は純正車高で履かけるオフロードタイヤということで、3種類のタイヤの特徴とそれぞのタイヤパターンでおすすめタイヤをご紹介させていただきました。

ジムニーのタイヤは私が購入した時よりも選択肢が大分増えていて、タイヤ選びも大変だなーといった印象ですが、悩む時間も楽しんで自分にあったお気に入りのタイヤを探してみてください!

また次回、私が選んだタイヤBFグッドリッチオールテレーンの紹介をできればと思います!

にほんブログ村 車ブログへ
新型ジムニー JB64 純正車高で履けるオフロードタイヤのご紹介!【おすすめカスタム:タイヤ編】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次|読みたい項目をタップ!
閉じる