新型ジムニー JB64 LEDバルブ交換【fclのLEDフォグランプ2色切り替えが最高に明るくて感動!】

悩む人

ジムニーのフォグランプをハロゲンからLEDに変えてもっと明るくしたいなー特にイエローとホワイトの2色切り替え(カラーチェンジ)可能なフォグランプが気になる!でも…LEDフォグランプの取り付けって何となく大変そう。そもそもイエローのLEDフォグランプって車検に通るのかな?

JIMKEN

ズバリ!簡単に取り付け可能で車検も問題なしです!LEDフォグランプ fcl(エフシーエル)さんの2色切り替えタイプは、純正フォグランプを外したカプラーに差し替えるだけなので、車のDIY初心者の方でもとても簡単に取り替え可能です!そしてイエローのLEDフォグランプもちろん車検に通ります!

ヘッドライトの黄色は車検には通らないので注意しましょう

目次|読みたい項目をタップ!

取り付けLEDフォグランプ2色切り替えタイプ

fcl LEDフォグランプ2色切り替え(カラーチェンジ)

本記事では、カーパーツブランドfcl(エフシーエル)さんから発売されているLEDフォグランプ2色切り替え(カラーチェンジ)タイプをジムニーに取り付けたので、その取り付け手順と取り付け後のレビュー紹介をさせていただきます!

ジムニーのLEDフォグランプ交換はとっても簡単

ジムニーのLEDフォグランプ交換はとっても簡単

以前に、ジムニー純正のフォグランプをハロゲンのイエローバルブに交換しましたが基本的には同じ工程となります!まずはフォグランプの取り外しが簡単に行えるように、ハンドルをいっぱいに右側にきってタイヤハウスの内側がよく見えるよう作業スペースを確保します。(写真は運転席側です)

すると赤で印したクリップ5つが確認できると思うので、こちらを内張剥がしやマイナスドライバーを使って外します!私はマイナスドライバーでクリップを外しますが、白の矢印の3箇所の一つにマイナスドライバーを差し込みクリップを押し上げる感じで引き抜きます。

ジムニーのLEDフォグランプ交換はとっても簡単

5つのクリップを外したら、フォグランプ下にプラスのネジが1つあるので、こちらも忘れないよう外します!ネジを外すことで、5つのクリップで止めていた黒い樹脂のカバーをめくるとフォグランプを確認する事ができます。

フォグランプの取り外し

フォグランプの取り外し

カバーをめくると写真のようなフォグランプの裏側が見えると思いますので、フォグランプ下側に付いてるカプラーを外します。

フォグランプの取り外し

カプラーは根元の部分を摘みながら下に引き抜く事で簡単に取り外す事ができます。

フォグランプの取り外し

フォグランプ本体を写真のように反時計回りに回すとカチッと音がしますので、音を確認したら引き抜いて取り外します。

LEDフォグランプ交換前の下準備

LEDフォグランプ交換前の準備

左が今回取り付けるfcl(エフシーエル)の2色切り替えタイプのLEDバルブ、右側が取り外したハロゲンのイエローバルブでです。ハロゲンバルブと比較するとLEDバルブには放熱ファンが付いてる分サイズが大きくなってる印象ですね。

LEDチップの向きの調整

交換前の準備1:LEDチップの向きの調整

必要に応じてリフレクターのカットラインに合わせてLEDバルブ本体の角度調整を行います。バルブの放熱ファンの上に小さな穴がありますので、こちらに付属の六角レンチを使用して緩める事でLEDバルブの角度調整が可能となります。

角度調整後は、しっかり固定しましょう!こちらの調整方法については付属の取説にイラスト付きで詳しく記載してありますので安心してもらって大丈夫です。(私の場合助手席側だけ角度調整が必要でした)

LEDバルブとコントローラーの接続と固定

交換前の準備2:LEDバルブとコントローラーの接続と固定

LEDバルブの先端とコントローラーの先端の凸凹部を確認して奥までしっかり差し込み接続します。

交換前の準備2:LEDバルブとコントローラーの接続と固定

接続した後、バルブ側に付いてるカバーを締め込み固定します。

交換前の準備2:LEDバルブとコントローラーの接続と固定

同様の手順でもう片方も行い、LEDフォグランプの交換準備の完了です!

LEDフォグランプの取り付け

LEDフォグランプの取り付け

フォグランプを取り外した箇所にLEDバルブを差し込み、取り外した時とは逆に時計回り回して固定します。

LEDフォグランプの取り付け

固定できたらカプラーを繋げてLEDフォグランプ取り付け完了です!いかがでしょうか?とても簡単ですよね!繋げた後は念の為、エンジンをかけてライトが点灯する事を確認しましょう!

LEDフォグランプの取り付け

左が今回取り替えたfcl(エフシーエル)の2色切り替えタイプのLEDバルブ、右がハロゲンバルブ。
写真でも結構違いが出てますが、肉眼では昼間でも明るさが全く違う事がはっきり分かりました!

LEDフォグランプの取り付け

ホワイトの切り替えも問題ない事を確認できました!とても綺麗な白色ですね〜。

LEDフォグランプの取り付け

LEDフォグランプの点灯確認ができたので、バルブ裏のコントローラーの配線を付属の結束バンドを使用して純正配線などに固定します。私は写真の赤丸の2箇所に固定しました。その後、カバーのクリップとネジを取り付けて完了です!

LEDフォグランプ(2色切り替え)点灯確認

LEDフォグランプ

昼間のLEDフォグランプ点灯時のカラーチェンジの比較写真。これから天候や気分で切り替えれるのは嬉しいですね!ちなみに通常2色切り替えのLEDフォグランプは、点灯時ホワイトが標準になってますが、fcl(エフシーエル)のLEDフォグランプの場合、購入時にイエロースタート、ホワイトスタートで選べるようになってます!

LEDフォグランプ点灯

昼間の点灯時の接写イメージ。イエローはレモンイエローのようなくっきりした感じ、ホワイトはザ・白色です!明るすぎて白飛びしてます。。上手く撮れず申し訳ないです。。

LEDフォグランプ

夜の点灯時、ご覧の通りどちらも色がくっきりしていて、とても明るいです!

LEDフォグランプ

車内からLEDフォグランプのみ点灯したものですが、ヘッドライトの必要がない程明るいです!

LEDフォグランプ2色切り替えに取り替えてみて

まとめ

まず、明るさの面では、十分すぎるぐらい満足してます!そしてイエローとホワイトの切り替えがライトオンオフで簡単に切り替えれるのが嬉しいですね!路面が濡れた雨の日はイエローが活躍しそうで雨の日の運転が楽しみになりそうです!性能面はもちろんですが、LEDとしての見た目の印象はやっぱりハロゲンとは違う良さがあるなーと実感しました。

ジムニーのようなレトロな雰囲気を持つ車はハロゲンの方が似合うと思ってましたが、今回LEDバルブに変えてみて、全然LEDでも問題ないなと思いました。。また車の写真を沢山撮る私にとっては、2色切り替え可能になった事で全く違った雰囲気の写真が撮れるようになったことも嬉しいです!

以上、新型ジムニー JB64の2色切り替えLEDバルブの交換でした!また今回のLEDフォグランプ取り替えと同時にヘッドライトのLED化も行ってますので、また次回その様子をお届けしたいと思います!

納車後におすすめする電装系カスタム

にほんブログ村 車ブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次|読みたい項目をタップ!
閉じる