ジムニー外装カスタムまとめ早速チェック≫

ジムニー(JB64)/ジムニーシエラ(JB74) ATシフトノブカバー取り付け!ドレスアップ効果にもオススメ!

ジムニー(JB64)/ジムニーシエラ(JB74) ATシフトノブカバー取り付け!ドレスアップ効果にもオススメ!
WITH JIMNY ステッカー好評発売中!

「ジムニーと、ともに。」をコンセプトに、
シンプルだけど印象的
そんなステッカーを取り揃えています

悩む人

ジムニーの純正ATシフトノブがスポーティなデザインで、ちょっとジムニーらしくない…もっとジムニーらしいデザインのシフトノブにドレスアップ出来ないかな?

JIMKEN

そんな悩みを解決する、オススメのジムニーATシフトノブカバーが「カーメイト」さんが発売しています!

カーメイトさんと言えば、ジムニー専用のドリンクホルダーをはじめ沢山の専用カスタムパーツを取り扱っているので、新型ジムニー・ジムニーシエラに乗っている方なら、カーメイトさんの商品を使っている方も多いのではないでしょうか。

そんな、カーメイトさんの新商品でもある、ジムニーのATシフトノブカバーを取り付けましたので、本記事では取り付け手順から使用感のレビューをさせて頂きます!

目次|読みたい項目をタップ!

ジムニー JB64/JB74 純正ATシフトノブ

ジムニーATシフトノブ

こちらが、ジムニー(JB64)ジムニーシエラ(JB74)の純正ATシフトノブ。

個人的には大きな不満などありませんが、ジムニーの無骨でタフな車内のデザインとは違ってスポーティで少し上品にまとまっている感じは否めません。

そんなジムニーのシフトノブを、よりジムニーらしくタフなデザインにしたい!と思う方も少なくないのではないでしょうか?今回はそんな想いを実現したオススメ出来るジムニーのシフトノブカバーなので是非!本記事を最後まで読んで頂けると嬉しいです。

ジムニー JB64/JB74 ATシフトノブカバー

ジムニー JB64/JB74 AT専用シフトノブカバー
ジムニーATシフトノブカバーの特徴
  • ジムニーらしいタフなデザイン
  • 手に馴染むアウターラバートップ
  • 純正シフトノブに被せるだけの簡単取り付け
  • 付属の六角レンチでしっかり固定が可能

箱から取り出した瞬間に分かる、ジムニーらしいタフなデザインなシフトノブカバーとなっています!

商品写真を見てお気づきの方もいるかもですが、車内との一体感を考慮して作られたシフトノブカバーは、ジムニーの純正エアコン吹き出し口のブロンズメタリックカラー仕様になっています。

ちなみに、ブロンズメタリックカラーはジムニー(XCグレード)/ジムニーシエラ(JC)の一番グレードのいいタイプですね!(自分は中間グレードのXL。。)

その他の特徴として、センタースイッチ周りをモチーフにデザインされているので商品を見ただけで、まさに!ジムニー専用のシフトノブカバーといった印象です!

ジムニー専用シフトノブカバー取り付け手順

ジムニーへシフトノブカバー取り付け

シフトノブカバーの取り付けはとっても簡単!
まずは、商品付属の六角レンチでシフトノブカバー下部にある2箇所のボルトを反時計回りに回して取り外します。

ジムニーへシフトノブカバー取り付け

ボルトを取り外すと2つのパーツに分かれます。

こちらを純正シフトノブに挟んでボルトを締め取り付けるだけの簡単なプチカスタムです。

ジムニーへシフトノブカバー取り付け

まずはシフトノブの裏側にピタッと被せます。

シフトノブカバー取り付け

先ほどシフトノブ裏側に被せたカバーの赤丸で囲った上部の穴に、表面のカバーのツメを差し込みカバーを被せます!上部に隙間がないことを確認出来たら、カバー下側を合わせてボルトで締めます。

シフトノブカバー取り付け

写真は下側のボルトが固定されていない状態です。

シフトノブカバーの下側をしっかり合わせて隙間をなくした状態で、2本のボルトを時計回りに回してボルトを締めて取り付けます!また、シフトノブカバーを取り外した際に取り付け跡が残りにくいようにするため、カバー内側の上部にはクッション素材のテープが装着されていました。

シフトカバー取り付け

ボルトをしっかり締めると、シフトノブカバー下側にあった隙間やグラつきなども一切なくなります。

シフトノブカバー下部に使ったボルトは、錆が発生しにくいステンレスボルトと緩み防止機能付きのナイロンナットを採用されているので、安心して使えるのも嬉しいポイントです。

シフトノブカバー取り付け後の比較

シフトノブ取り付け後

並べて比較してみました。
左の純正シフトノブはスポーティな印象ですが、右のシフトノブカバー取り付け後はジムニーらしい力強さが表現されたタフなデザインになったシフトノブといった感じです。

個人的には、やはりシフトノブカバー取り付け後の方が、ジムニーの無骨な車内のデザインにもマッチしていると思います!また何よりもシフトノブに手を添えた時のしっくり来る感じが純正のシフトノブと比較しても断然良いです。

シフトノブ交換後

ただ、写真で見る以上にシフトノブは大きくなっていますので、手が小さな方には純正のシフトノブより握りにくくなる方もいるかと思います。

シフトノブ交換後

とは言え、MTのシフトノブと違って、前後に動かすATシフトノブなのでそれ程気にならないと思います。(実際、私の妻も初めは大きく感じていたようですが、すぐに慣れている様子でした)

シフトノブカバー取り付け後

また、シフトノブカバーを付けた状態であっても、純正のセレクトレバーボタンやオーバードライブスイッチの操作は全く支障のない仕様になっています。

シフトノブ取り付け後

純正シフトノブを覆うかたちでカバーを被せてボルトを締めるだけの、お手軽カスタムですが純正のような見た目で、自然なドレスアップにも繋がって大満足です!

本来でしたら、このあたりで記事を終わりたいところなのですが・・・もう少し下に続きます!

シフトノブカバーに続きドリンクホルダーも交換

ドリンクホルダー交換

実は今回取り付けたジムニーのシフトノブカバーは、同じカーメイトさんのドリンクホルダー(ブロンズメタリック仕様)と同様のデザインコンセプトなので併用することで、よりドレスアップの統一感を得ることができます!

という訳で・・・合わせて交換しちゃいました!(私、ブロンズメタリック仕様ではないのですが全体の統一感がやっぱりいいので!)

ドリンクホルダー

ブログ立ち上げ当初に下記の記事で、ご紹介したカーメイト さんのドリンクホルダーは、ジムニーが納車してから約3年以上使っていましたが、今回交換したシフトノブカバーのデザインに合わせて、運転席と助手席ともに交換しました!

ドリンクホルダー交換
旧タイプのドリンクホルダー

旧タイプのドリンクホルダーでも使い勝手は全く問題ないのですが、上面のデザインが新しいドリンクホルダーの方がよりシフトノブカバーとの統一感がとれて、車内のデザインにもマッチするつくりになっています。

新しいドリンクホルダー

これからドリンクホルダーを購入する方にオススメしたい商品です!ドリンクホルダー単体で見てもやっぱりいい。

ドリンクホルダー交換

ドリンクホルダーとしての性能は旧タイプと変わりなく、素晴らしい商品なのでジムニーのドリンクホルダーを検討されている方は下記の記事で詳しく紹介していますので、チェックしてみてください!

以上、ジムニー(JB64) / ジムニーシエラ(JB74) AT専用シフトノブカバー取り付け!(&ドリンクホルダー交換)のご紹介でした。

今回ジムニーに取り付けたカスタムパーツ

よかったらシェアしてね!
目次|読みたい項目をタップ!