新型ジムニー JB64 / ジムニーシエラ JB74イチ押し!注目の内装・外装の厳選カスタムパーツ5選!【2021】

JIMKEN

新型ジムニーに乗り始めて2年と6ヶ月。ジムニー愛は覚める気配無し。なので未だにカスタム沼からは抜け出せそうにない日々を過ごしているJIMKEN( jimny_ken)です。

1年前に「新型ジムニー(JB64)ジムニーシエラ(JB74)気になるカスタムパーツ!厳選トップ5」の記事を書きましたが、5つの商品のうち4つの商品を結果購入してました。。!

今回紹介する新型ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74イチ押しの厳選カスタムパーツ(第二弾)は、どれも魅力的な商品でオススメなものばかり!そんなジムニーオーナー必見のカスタムパーツを5つに厳選しました!私の主観強めで恐縮ですが、早速紹介させていただきます!

新型ジムニーの購入を検討中、納期でお悩みの方は要チェック!

新型ジムニー・ジムニーシエラの納期は未だにとにかく長い・・。ですが「新古車・中古車」は街中で大分見かける機会も多くなってきたのも事実です。

そこで、オススメなのが中古車買取実機No.1で有名なガリバー!こちらのサイトに無料登録することで「短い納期」で「カスタム」されたジムニーが、お得に購入できる可能性が高まります!

簡単な情報の入力のみで利用できる無料サービスなので、長い納期で悩まれている方は、一度チェックしてみる価値は十分にあると思います。。(リアルに台数が結構あります)

また無料登録後は、非公開のジムニーはもちろん、ジムニー以外のお得な車の情報もチェックすることが出来ます!

簡単な入力のみで利用可能な無料サービスです

目次|読みたい項目をタップ!

5位 Fun with Kcar / アウターバンクスシートカバー

Fun with Kcar / アウターバンクスシートカバー
出典:https://f-w-k.com/

何かとオシャレなジムニー、ジムニーシエラの製品を販売している「FWK -Fun with Kcar」のシートカバー。カラーパターンはブラックを基調とした「ブラック&ブラウン」と「ブラック&キャメル」の2種類(写真はブラック&キャメル)

色の組み合わせもあり、シートカバーは渋くレトロな雰囲気を感じられるデザインに仕上がっていて、とても魅力的なシートカバーだと思います。(もっと早く出会いたかったそんな風に思ったシートカバーです

また、シートカバーは通常「全席セット」で販売するのが一般的ですが、FWK -Fun with Kcarのシートカバーの場合「前席2シート」のみでも購入出来ちゃいます!私は、後部座席は常にシート倒し荷物置き場とした2シーター仕様なので、前席だけを好みのシートカバーに出来るのはお財布事情的にも嬉しい設定ですね!

全席セット 50,600円(税込)
前席2シート 30,0800円(税込)

アウターバンクスシートカバー

レトロなレザーとブラックの二種類の生地を配色することで、高級SUVのような内装に変身させます。
純正シートとのフィッティングを追求し、まるで座席を交換したかのように見えます。
後席に2分割とベンチシート用を選択できるので、全グレードに対応しています。また、後席を常にフラットにしている方向けに、フロント2席のみもご用意いたしました。
JB74Wシエラ、JB64Wジムニー共に装着可能です。

商品は、FWK -Fun with Kcarの公式サイトから購入のみとなってます!シートカバー以外にもオシャレなフロントグリルやバンパーもあるので気になる方は下記の公式サイトでチェックしてみて下さいね!

https://f-w-k.com/

ちなみに、現在はアウトクラスカーズのヴィンテージDXのキャメルのシートカバーを付けてますが、こちらも名前の通りヴィンテージ感のあるレザーで新型ジムニー乗りの間では人気のシートカバーです!(値段もリーズナブルでおすすめです)

4位 APIO / 荷室フラットデッキ

APIO / 荷室フラットデッキ
出典:https://www.apio.jp/

ジムニーの弱点でもある収納スペース。。後部座席を倒して2シーターにしていても、やっぱり狭いし収納力は変わらず弱いです。。純正のラゲッジボックもデッドスペースが多く狭い空間なので、収納が難しく、ごちゃごちゃしがち。。

そんな収納スペースを拡張して便利なラゲッジスペースに変えてくれるのがAPIOから発売された「荷室フラットデッキ」です!純正のラゲッジボックス同様にリアシートを倒した際にラゲッジルームをフラットにしてくれる設置型のボード!ちなみにグレードに関係なく荷室フラッドデッキを装着した状態でも、後部座席の前後の稼働領域は限界まで可能です。

この荷室フラットデッキ、特にラゲッジボックスのないXGグレードにとっては重宝すること間違いなしですよね!取り付けに加工も必要なく装着後はラゲッジボックス内の収納スペースは2倍以上になるとか!?

収納スペースが少ないジムニーにとって実用的で活躍すること間違いなし!のカスタムパーツだと思います。APIOの着眼点は流石なな~と思う逸品ですね!

3位 AISIN / ドアスタビライザー

AISIN / ドアスタビライザー

何コレ?って思う人きっといますよね。自分も数日前までそうでした。。たまたまジムニーの別のパーツを見てた時に目に入ってきたのが、この「ドアスタビライザー」と言うものなんですが、簡単に言うとドアロックの部分とストライカー部分に補強として取り付けることで、車体剛性を強化させるもの

車体剛性が強化されると言う事は、足回りの動きが快適になり、スピードを出した時やカーブを曲がる時などの揺れや振動が少なくなり、車を安定した状態で走らせる事が可能ということ。(操縦性が良くなる)

ちょっと怪しいですよね。。私も初めは疑ってましたが、色々調べていくうちに疑いも解けて今では、このブログで紹介してしまう程に。。まず商品を販売しているAISIN(アイシン精機)はトヨタグループで自動車部品を製造しているメーカーで信頼と実績を併せ持ち純正パーツも手掛けるメーカーであること。

そして商品選定の時に重視するレビュー評価が高い!沢山のネットショップでレビューチェックしましたが、以外と悪い評価は少なく、ドアスタビライザー取り付け後の効果を感じてるユーザーが沢山います。

で、自分自身でも商品について色々と調べてた結果、ドア部分は剛性低下しやい箇所であり、補強することで理論上、車体剛性が強化されることも確認できました。

剛性パーツといえば、タワーバーやピラーバーが有名ですが、剛性の弱い部分を補強して操縦性能を上げるという理にかなう商品試してみる価値が十分にあると思い、今回厳選パーツの第3位として紹介させていただきました。

2位 DEAN / コロラド

DEAN / コロラド

以前にブログの記事「新型ジムニー・ジムニーシエラにオススメの新作ホイール「ディーン/コロラド(DEAN/COLORADO)」が激渋でカッコいい!」でも散々魅力をお伝えしたホイール(コロラド)で恐縮ですが、やっぱりカッコいい!欲しい!おすすめしたいってことで厳選カスタムパーツの第2位とさせていただきました。。

実物のホイールを店頭でも確認しましたが、ホイールは重厚感のある無骨さとクラシカルさが融合されたようなデザインなので、オフロードタイヤを履くジムニーには特に似合うホイールだと思います。

ホイールサイズのラインアップは15/16/17インチとなっており、対応車種はジムニー&ジムニーシエラはもちろんですが、4WDやSUVの人気車種ランドクルーザー&プラド、デリカD:5などに対応したホイールサイズ展開となっています。

ディーン/コロラド(DEAN/COLORADO)に関しては下記の記事にまとめてますので、まだ読んでない方、気になる方はぜひ読んでいただけると嬉しいです。

1位 RotopaX / ロトパックス ストレージコンテナ

RotopaX / ロトパックス ストレージ ブラックコンテナ
出典:https://www.apio.jp/

Rotopax(ロトパックス)は、アメリカで人気の4WD車やバイクなどに搭載可能な携行コンテナメーカーで、 水や応急用品をはじめ、工具類などが携行できるコンテナを、専用のマウントで車両に設置する新しいスタイルがアウトドア・レジャーシーンで人気を博し、昨今ではジムニーのカスタムのトレンド的アイテムにもなっていますね。

ロトパックスの種類と用途

ロトパックス

イエローとレッドのコンテナは「カラーコンテナ」は燃料、右端の「ホワイトコンテナ」は水を携行するコンテナとして利用されています。ただ、日本では燃料を入れて携行することは禁止されているので、こちらの3つのコンテナに関しては基本的に、水を携行する為の用途となります。

キャンプに出かける時や、水源がない場所に出かける時に水を入れておけば重宝すること間違いないですね!

ロトパックス

カラーコンテナと似てますが、こちらのオレンジとブラックのコンテナは「ストレージコンテナ」と呼ばれていて、名前の通りですが、様々な物を入れて運ぶためのボックスとなります。例えば、細かなキャンプ道具をまとめて入れておいたり、オフロードを走る方なら牽引ロープなどを入れておく収納スペースとして使う感じでしょうか。

ちなみに私が欲しいコンテナはこのストレージコンテナのブラックですが、人気商品で海外輸送の為、納期に時間が大分かかります。。また、ロトパックスのサイズは、1ガロン、1.75ガロン、2ガロン、3ガロン、4ガロンの5つのサイズ設定がありますが、日本の4WD車やジムニー・ジムニーシエラなどは主に2ガロンを付けている方が多いですね。

ロトパックスの取り付け

ロトパックスのコンテナを取り付けるには、「ロトパックス社製のバックマウント」とアピオやネオプロトなどが販売している「専用ブラケット」が必要となります。

全てを購入するとなると、中々の金額になりますが、ドレスアップ効果も抜群ですし使い方次第ではとても活躍するカスタムパーツですね!

ちなみに、ロトパックスに関連する商品は海外製で人気も高く納期待ちの状態ですので、在庫があったらラッキーと思って早めに購入してた方がいいと思います。(そんな私も現在長い納期待ちの一人だったりします)

ロトパックス取り付けに必要なマウントとブラケット

ロトパックスマウント1
ロトパックスを常に付けておきたい方は、盗難防止の為にも鍵付きタイプが安心ですね。

ロトパックスマウント2
鍵付きまでは必要ないけど緩み防止機能が付いたしっかり固定して安心できるタイプ。

ロトパックスマウント3
とりあえず、ロトパックスを付けれたら良い方や、取り外しを頻繁に行う方はスタンダードタイプがオススメ。

3種類のロトパックスのマウントのいずれかと、合わせて購入する必要がある、アピオのブラケット。

ネオプロト マルチマウントバー

https://www.plotonline.com/

アピオのマウントブラケット以外では、ネオプロト(NEOPLOT)からもパイプ型のマウントが発売されています!こちらを購入する場合には、ネオプロトから発売されている別売りのブラケットを合わせて購入する必要があります。

ロトパックスマウントに関してはアピオのブラケット同様に上で紹介した3種類のいずれかを選択する感じでしょうか。

まとめ

以上、新型ジムニー(JB64)ジムニーシエラ(JB74)気になるカスタムパーツ!厳選トップ5のご紹介でした!今回紹介した、シートカバーは車内の雰囲気を大きく変え、ホイール、ロトパックスなどは外装の印象を大きく変えるカスタムパーツです!

そしてジムニーのカラーが違うだけで、同じパーツでも全く違う雰囲気になるので、外装パーツは慎重に計画的に行いたいところですね!そんな自分は何度も失敗してますが。。それはそれでカスタムを楽しんでいます!

カスタムパーツの紹介は、どうしても主観的な見方になってしまい、みなさんの参考にならないかもですが、あーそんなカスタムパーツがあったな〜。ぐらいの感じで少しでも参考になってくれたら幸いです。

新型ジムニーの購入を検討中、納期でお悩みの方は要チェック!

新型ジムニー・ジムニーシエラの納期は未だにとにかく長い・・。ですが「新古車・中古車」は街中で大分見かける機会も多くなってきたのも事実です。

そこで、オススメなのが中古車買取実機No.1で有名なガリバー!こちらのサイトに無料登録することで「短い納期」で「カスタム」されたジムニーが、お得に購入できる可能性が高まります!

簡単な情報の入力のみで利用できる無料サービスなので、長い納期で悩まれている方は、一度チェックしてみる価値は十分にあると思います。。(リアルに台数が結構あります)

また無料登録後は、非公開のジムニーはもちろん、ジムニー以外のお得な車の情報もチェックすることが出来ます!

簡単な入力のみで利用可能な無料サービスです

にほんブログ村 車ブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次|読みたい項目をタップ!
閉じる