新型ジムニーJB64/JB74 フロントドア内張りの外し方【クルマのDIY基本編】

悩む人

クルマのDIYの基本と言われてる内張り外し、不器用な自分でも外せるのかな?

JIMKEN

本記事は、初めてジムニーの内張りを外す方に向けた記事となります。

クルマのDIYの基本となる内張り外し、フロントドアの内張りを外すことで、スピーカー交換・デッドニング、ミラー交換、ドアハンドル交換などができます!そんなクルマのDIYの基本となる内張の外し方を新型ジムニーJB64を例にご紹介させていただきます。(ジムニーシエラJB74も同様です)

私自身、内張りを初めて外した時は、ドキドキでしたが既に数回外して、今では目を閉じて両腕さえあれば外せるレベルに達しています。。 それぐらい難しい作業ではないので、クルマのDIYの基本として、まずは内張りの外し方を覚えてクルマのDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか?

目次|読みたい項目をタップ!

内張り外しに必要な工具

ジムニーの内張り外しに必要な工具は2つ。(ジムニーに限らずクルマ全般もですね!)

ひとつはプラスドライバー、そして内張りはがし!クルマの内張りを外す際には必須の工具ですね!これがないと始まらないやつです。

内張りはがしは写真のようにイメージのように、パネルの隙間やドアの内張りなどに先端を差し込み、テコの原理で内張りを浮かせて外します。

また、内張りはがしの二股に別れてる方ではクリップを挟みテコの原理で浮かすようにして外すことも可能です。

内張りはがしには種類も沢山あり、樹脂製と金属製の2種類が存在しますが、ドアパネルのような内装パネルなどは傷が付き難い、リーズナブルな価格の樹脂製がおすすめです。

手順1:ドアインナーガーニッシュの取り外し

手順1:ドアインナーガーニッシュの取り外し

まずはサイドミラー裏の三角パネル、ドアミラーインナーガーニュッシュを外します。

ジムニーの場合、写真のとおり裏面にクリップ1つで固定されてるため、内張りはがしを使うよりもインナーガーニッシュのカバーの出っ張り部分を指を引っ掛けて、手前に軽く引っ張る事で簡単にバコッと外れます。

素手で引っ張るのが不安という方は、内張り剥がしを隙間に差し込んで外しましょう!

手順2:ドアトリムの3つのネジの取り外し

手順2:ドアトリムの3つのネジの取り外し

ネジで固定されている箇所は赤丸の3箇所、ドアグリップ下の2箇所とドアロック下の1箇所。

ネジは全てプラスなのでプラスドイバーがあれば大丈夫です!写真はドアグリップポケットを取り付けていますが、ネジの場所、外し方は同じです。

内張り外しとは関係ないですが、収納スペースが少ない新型ジムニーにドアグリップポケットがあると、ちょっとした小物が収納できて、とても快適になりました!えっ付けてないって方は、ぜひ下の記事もチェックしてみてください!

手順3:ドアトリムの取り外し

手順3:ドアトリムの取り外し

写真の赤丸の位置にクリップで留めてあるので、トリムの隙間に内張剥がしを差し込んで外していきましょう!私は写真右側から時計回りに外して行きました。

個人的に外し方のポイントとしては内張はがしで、クリップが留めてある箇所に差し込み、指が入る程度の隙間を作ったら、トリムの中に指を入れて手前に素早く引く感じで外すのが良いかと思います。

初めて外す場合はどうしてもクリップが硬いので外れ難いのですが、以外とクリップも割れたりしないので力を入れて手前に引いても大丈夫だと思います。

内張り外しを行う際にクリップを無くしたり壊したりするのが心配な方は、ネットでも購入できますので事前に購入していても良いかと思います!10個セットになって390円前後と高いものではないので、予備として持っていても良いかもしれませんね!ディーラーでも保守部品として購入可能ですよ。

内張りのクリップを1つ外したら、次のクリップの位置に差し込んで同じ手順で外して行きましょう!3つぐらい外すと隙間に簡単に指も入ると思うので、クリップの位置に指を入れて手前に素早く引く感じでバコバコ外して行けると思います!クリップを外し終えたら、写真上部の赤の点線部分がくっ付いていますが、こちらは引っ掛かってるだけなのでドアパネルを上に持ち上げて外します。

手順4:内張りのクリップチェック

手順4:クリップチェック

内張りを外すと写真の赤丸の箇所のようにドア側にクリップが残った状態になる事があるのですが、これは取り外して内張り(ドアトリム)の方に取り付けつておきましょう。

ドア側にクリップが付いている状態で、内張りを取り付けてしまうと、その場所が固定されていない状態となるので、トリムを触ると一部が浮いているような感じとなりベコベコした状態となります。

トリムを閉じたけど、何だか浮いてる感じがする。。それはクリップの一部がドア側に付いた状態で閉じた事が原因の可能性が高いので、二度手間にならないように内張りを外した際には、まずドア側にクリップが残っていないか、しっかりチェックしておきましょう!

まとめ:ジムニーの内張り外しを終えてみて

初めての作業する時はドキドキで慎重になり時間もかかり難しいと感じるかもしれませんが、クリップ1つ外してしまえば以外とできてしまうものです!簡単に壊れるようなものでもありませんし、もしクリップが破損してもネットで安く購入することもできますし、ディーラーで保守部品として購入することもできるので、気軽にクルマのDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。初めての方でも片側10分もあれば外せる作業だと思います!

以上、新型ジムニーJB64の内張りの外し方のご紹介でした!

にほんブログ村 車ブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次|読みたい項目をタップ!
閉じる